" />

収入の最大化

ダイレクト課金モデルの商品を持ってサイドFIREを目指すのがこれからのトレンドになる

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『ダイレクト課金モデルの商品を持ってサイドFIREを目指すのがこれからのトレンドになる』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

広告収入モデルとダイレクト課金モデル

私が取り組んでいる商売は、商品を仕入れてお客様に直接販売していくダイレクト課金モデルのオンライン物販です。

一方、ブログにアドセンス広告を掲載したり、アフィリエイト広告を載せてクリック経由で報酬が発生したり、またYouTubeで再生回数を稼いで収益を伸ばすといったビジネスはすべて広告収入モデルになります。

結論から言うと、今後のFIRE志向の人たちにオススメしたいのは広告モデルではなく、ダイレクト課金モデル、すなわち顧客を獲得して直接お金を支払ってもらい自身の収入とするモデルです。

 

本日は、今後の人生100年時代を見据えて、完全FIREよりもサイドFIREのほうがむしろ安全性や健全性という意味で優れているという主張と共に、サイドFIREをサポートするための事業収入として最適なのはダイレクト課金モデルのビジネスであるという点についてお話ししたいと思います。

 

広告収入の不安定さとダイレクト課金の安定性

私自身、複数のブログを運営した経験があり、また別事業としてYouTubeの運営を行っているので内情は理解しているつもりなのですが、なぜ広告モデルではなくダイレクト課金モデルを推すのかといえば、収益の安定性という点でダイレクト課金モデルが圧倒的に優れているからです。

1つの動画が100万回再生されるような超有名YouTubeチャンネルなどは完全に別次元別世界の話ですが、これからゼロからYouTubeチャンネルを運営していくということであれば、間違いなく登録者数は数千、多くても100万人に届くことはありません。

国民の誰もが知っている有名芸能人のチャンネルでさえ100万人登録が難しいという現実の中で、何も武器のないパンピーの私たちはせいぜい数万人までというのが現実的ですし、また日本人全人口の可処分時間を考えると間違いなくYouTubeはオワコン化していくことになるはずです。

ブログにしても同様で、グーグル検索によるブログ流入がこれまでもこれからの最も大きな読者数を稼ぐ手段であり、また、ブログに訪れた人の一部が広告をクリックして商品購入・サービス購入まで進んでくれることになりますが、とはいえ、アフィリエイトシステムの根本的な仕組みである「Cookie」という技術が、最新のスマホでは各ユーザーが個人情報保護の観点からデフォルトで「Cookieを拒否する」設定にされることになり、アフィリエイトというビジネスモデルそのものに大きなダメージを与えかねない状況にあると言われています。

外部要因が広告収入の成否を握っているという状態はビジネスモデルとしては欠陥品であり、毎月20万円30万円と安定して稼ぎ続けていくということを考えると、この先の将来、不安しかありません。

 

一方のダイレクト課金モデルはどうかというと、これはずばり直接お客様が自分の商品を購入してくれることで収入が発生する仕組みなので、広告主またはアフィリエイトASPなどに依存することなく、自分の商品を販売する機会を最大化することに注力すれば良いわけで、ビジネスとしては健全性が担保されていると言えます。

自社で開発した技術や製品を販売しても良いでしょうし、特殊技能をお持ちであれば「先生業(講師業)」を商品とすることで何らかの教材(電子書籍)を販売することができるかも知れません。

また私のように型番商品を仕入れてアマゾンや楽天などで販売して、仕入れ等の経費を差し引いて残る差益を稼ぐという方法も取り組みやすい商売と言えるでしょう。

 

唯一ダイレクト課金モデルの欠点としては、自らが作る(仕入れる)商品次第で儲かるレベルがまったく変わってくるという点です。

最悪の場合は商品を作ったにも関わらず1つも売れない稼げないという状況もありうるわけで、商品の認知を広げ、購入希望者を常に見つけてこなければ成果が得られない、そんな厳しい世界であることは間違いありません。

 

サイドFIREとサイドビジネス

一般的にはサラリーマンとしての本業給与があり、副業・サイドビジネスで足りない部分を補うといったイメージがありますが、FIREを目指す人にとってはそのサイドビジネスこそがFIRE達成後の重要なファクターになるといっても過言ではありません。

サイドFIREのそもそもの概念は、毎月かかく生活費が30万円の人を想定した場合、4%ルールとして3000万円の資産から毎年4%、つまり年間120万円(毎月10万円)を確保しつつ、残りの20万円は自分で稼ぎましょうということでした。

また年金支給が始まる70歳程度になれば、夫婦で最低でも10万円は年金がもらえますから、事業所得としては10万円程度まで落としても十分に余裕のある生活ができますよといったイメージになります。

ポイント

早期に経済的独立を達成し、好きなことをして生きる

というのがFIREのテーマでもありますので、FIREに到達する前に好きなことを見つけ、好きなことでお金を稼ぐ体制づくりをしていくべきであり、そのための方法論として、広告収入モデルではなく、ダイレクト課金モデルを意識して先回りで行動していくのが良さそうです。

 

たとえば代表的な広告モデルとしてYouTube運営が挙げられますが、1回の再生につき広告収入は0.1円などと言われています。

仮に登録者数が1万人いて、その人達が毎日1回自分の動画を閲覧してくれることで1万回再生、そこでようやく1000円稼げるわけです。

毎日1万回再生されても、1ヶ月でおよそ3万円、多くても5万円くらいになるようなイメージです。

なかなかにハードルが高いと思いませんか。

運営するチャンネルの方向性などによっても広告単価は異なるようで、0.1ではなく0.5~1くらいと主張する人もいます。
三方ヨシオ

 

一方のダイレクト課金はどうかというと、たとえばあなたがパン作りが得意で、家庭でできるパン作りのレシピを作って販売するとしましょう。

一般的なレシピは世の中に腐るほど出回っていますから、かなり特殊でノウハウの詰まったものを作らないといけないわけですが、電子書籍という形で1冊あたり2000円で売るとしたならば、10人買ってくれれば2万円、20人で4万円です。

毎月少人数に購入してもらうことができれば、採算の合うビジネスに発展する可能性は十分にあります。

 

または私と同じ様に商品を仕入れて販売していくポイントせどりといったビジネスをしていくならば、100万円分の商品を仕入れて売って、だいたい稼げるのが10%10万円程度になります。

現代のポイントせどり環境を考慮すると、最初は自分の商品を作って売るよりも、仕入れて売るほうがハードルは低いと言えるでしょう。

さらに毎月100万円仕入れて10万円稼ぎ続けることができるならば、そのノウハウを体系的にまとめて電子書籍やNOTEなどで販売するということもできるかも知れませんし、そういったノウハウを知りたい人たちは1人や2人ではないので、正しいアプローチさえできれば毎月数名の方にそのようなノウハウ本を販売することも可能となります。

 

先生業は儲かるのか?

私がせどり物販を学んだのはリピスタ神さんという方からですが、個別コンサルティングという指導を受ける際に十数万円お支払いしました。

稼ぐ方法を教える先生業(コンサルティング)という方法も、毎月1人2人生徒を見つけることができればそれだけで10万20万と安定して稼ぎ続けることができるようになるかも知れません。

 

ということで本日は広告モデルとダイレクト課金モデルについて解説を加えてみました。

今後サイドFIREを目指す人達の主流は、自らの経験やノウハウを商品として販売するといったモデル、または何らかの商品を仕入れて販売するといったモデルに集約していくほうが安全に継続していけるのではないかなというのが私の近未来予測になります。

とはいえここで問題となるのは、自分の商品を作って販売するダイレクト課金モデルが良いということは理解できたけれど、では実際にその商品をどのように広告し、認知を広げて、販売していくのか。

そこが大きな大きな課題になると思いますので、明日、その解決先について続けてお話ししてみたいと思います。

それではまた。

-収入の最大化

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5