" />

運用利回りの拡大

時間という資産は有限だから金融資産運用には極力時間を使わない

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『時間という資産は有限だから金融資産運用には極力時間を使わない』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

投資情報をたくさん見れば投資成績が向上するというわけではない

極端かも知れませんが、私はポートフォリオ全体の資産総額は把握していますが、各個別の要素、それぞれの投資信託やETFがどれくらいの価値になっていて、日々どういった値動きをしているのかは一切見ておりません。

1ヶ月に1度程度はチェックしますが、毎日の値動きを詳細に見るということはないんですね。

 

また、投資情報を収集したり、運用に関する書籍を読むといったことも最近はすっかり少なくなりました。

おそらく1ヶ月に1時間も使っていないのではないでしょうか。

にも関わらず、私の資産は増え続けているし、毎月定期的にきちんと積立投資を続けるだけで良質な成果を得ているという状態です。

 

もちろん私がメインで取引している「米国株式」の相場そのものが順調に推移しているということもあるでしょうが、投資情報をチェックしたり、個別銘柄の情報を精査して云々といったことを一切やらなくても資産運用は続けられるんだということを今日は強調してお伝えしたいと思います。

 

FIREのための積立投資をスタートしたら運用関連には時間を使わない

私の中のマイルールとして

投資のマイルール

資産運用に関しては極力時間を割かない

ということを念頭に置いて行動しています。

 

自分の時間は有限です。

私にとっても、皆さんにとっても、一番大切な資産は「時間」です。

 

その時間をどこに割り振って今後の人生を生きていくかということがとても大切になってくるわけですが、私は自分の時間を資産運用に関連することに今後多くを割り振らないと決めています。

とはいえ、現在私が行っている資産運用をより安全に進めていくために、インデックス投資のなんたるかや、株式と債券のポートフォリオに関しての知識は深いほうが良いのは間違いないので、そのあたりについての造詣を深めるために書籍を読んだり、YouTube動画を見たりなどしてより多くを学ぶ姿勢は崩していません。

 

私がここで言っている投資・資産運用に時間を割かないというのは、いちいち今月はどの銘柄を買うのか、今の相場状況がこうで、キャッシュポジションがああで、米国がこうで日本がああだから、なんとか統計が良い数字だったから・・・などなど、そういったリアルタイムに投資世界に流れてくる情報にいちいち耳を貸さないという話です。

マーケットのニュースなどは一切気にしていませんし、むしろ情報が入ってこないように、目に耳に入らないよう意識的に行動しています。

 

インデックス投資の醍醐味は、超長期に積立投資をしていくことで今後も右肩上がりになっていくであろう市場の成長を背景に、資産を増加させていくということにあります。

その点で言えば、日々マーケットから提供される情報や、頭の良い(と思われている)アナリストの分析といった情報を見る必要は一切なく、私たちが行うことはシンプルに淡々と積み立てを継続することのみである、というのがシンプルな結論ではないでしょうか。

 

運用に時間をかけないから、稼ぐことに時間を使える

私がなぜ資産運用にあまり時間を使わないで済む今の運用形式を好んでいるのかというと、私の時間の大部分を家族や友人といった大切な人たちとともに過ごす時間を最大化できるから、そして、収入を最大化させる部分に多くの時間を使うことができるからという2つのメリットがあるからです。

昨日の記事では、FIRE達成のための要素のうち、8割は「稼ぐチカラ」「収入の最大化」という部分で成否が決まるといったお話しをさせていただきました。

つまり、運用面に時間を使ってもそれが直接的に大きな結果につながるわけではないのです。

収入を最大化させるという点に自分の時間を一極集中させることこそが、もっとも効率的にFIREというゴールに到達するための考え方であり、またFIREを達成させた後も「稼ぐ」という点に時間を注力し続けるほうが、より豊かな生活を、より安全に、より安定的に送っていけると確信しています。

 

本当のお金持ちは、ビジネスには時間を使いますが、自己の資産を増加させるためにはあまり時間を使っていません。

だから本当のお金持ちは時間持ちなのです。

私たちの時間は有限です。大切な資産です。

日々のマーケットの値動きに翻弄されることなく、有象無象の情報に惑わされることなく、淡々と、時間をかけずに、積立投資を継続していきましょう。

それではまた。

-運用利回りの拡大

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5