" />

未分類

【FIRE】経済的自由を獲得してアーリーリタイアを実現する方法

はじめまして、こんにちは。

現在FIREを目指して活動しています、三方ヨシオ(@HowToFireJP)と申します。

 

もちろんこの名前はハンドルネームで、

「三方良し」

つまり

「私と、あなたと、私達に関わる人、すべての人が良い結果を得る」

という言葉からきています。

 

このブログ【HowToFIRE.jp】では、これから私自身が日本という国でFIREを目指し活動する内容をリアルタイムに情報シェアしていきます。

自己紹介はまた明日につなぐとして、まず最初の投稿である本日は、このブログで私が実現したいこと、そしてこのブログを読むことであなたが実現できることを整理しますね。

 

How To Fire で学べること

1.経済的自由を獲得し、FIREを達成する

私とあなたの最終的なゴールは、この日本において【FIRE】を手に入れることです。

 

FIREとは、

  • Financial 経済的な
  • Independence 独立
  • Retire 引退
  • Early 若く(早く)

の頭文字で、つまり、早期に経済的に自立した状態、食べるための仕事をする必要がない状態を指します。

 

具体的な理解では、(自らの労働が発生しない)事業所得/不動産所得/配当所得といった収入が、日々の生活費を上回る状態になること、これがFIREしている状態と言えそうです。

たとえば毎月の生活費が30万円の人が資産1億円を手に入れて、全財産を株式に突っ込み労働ゼロの状態で毎月30万円を超える配当収入を得ることができれば、それがゴールとなります。

 

実はこれは非常に現実的な話で、FIRE界隈では俗に「4%ルール」と呼ばれています。

つまり、年間の生活費を400万円(毎月30万円強)と仮定した場合、資産1億円があれば毎年4%分の資金を取り崩したとしても資産全体は減らない=FIREを維持できるというものです。

毎年の運用収益を4%と考えて、1億円×4%=400万円ですね。

これはFIREという考え方を日本にもたらした名著「FIRE 最速で経済的自立を実現する方法」や「FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド」といった書籍にも掲載されている考え方で、元ネタはトリニティスタディという論文です。

400万円じゃ全然足りないという人もいるでしょうし、いや逆にもっと少なく1ヶ月20万円の240万円あればOKという人もいるでしょうが、話をシンプルにするために、まずは資産1億を獲得し、そこから生活費400万円を生み出す状態。

これをこのブログのゴールと設定し、まずここを目指すための方法論を考えていく場所としてこのブログを読み進めていただければ幸いです。

参考FIREを目指す人が必ず知っておくべき4%ルールについて

おはようございます、三方ヨシオです。 本日は「FIREを目指す人が必ず知っておくべき4%ルールについて」というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。   FIRE界隈で認知さ ...

続きを見る

 

2.会社員でも公務員でも独立自営でも、あらゆる人が経済的独立を達成できる

私は2021年4月の時点で、すでに1年以上に渡ってFIREに向けて継続的に活動してきました。(運用そのものはあまり進めていません。)

それらの具体的な内容については今後ゆっくりとブログ記事として投稿していくつもりですが、このブログでは私自身のFIREを達成するためにしていること、およびその結果や考察をシェアしますので、あなたはそのリアルタイムの社会実験を自らのお金を使うことなく近くで観察し続けることができるでしょう。

私は現在43歳で、妻、そして子供が3人いる、ごく一般的な家庭のパパです。

ただしおそらく皆さんと決定的に違うのは、私は独立自営で商売をしており、毎月少なくない収入をビジネスから得ているという部分だと思います。

毎月投資に回せる金額は多いときには50万円を超えますので、43歳というFIREを目指すうえでは比較的に遅い年齢にも関わらず、こういったブログを運営する意義、意味もあるのではないかと考えています。

一般的に将来のお金のことや経済的なことを本気で考え出す年齢は30代半ば以降でしょうから、私自身と近い年齢層を当ブログの読者として想定しています。

とはいえ、毎月の収入がほぼ確定しているサラリーマンや公務員の方々、また独立自営で不安定な生活をされている方にも、私なりのFIREへの道、FIREというゴールを目指す方法論については整理してお伝えしていきますので、日本で生活しているすべての人が、遅かれ早かれFIREに到達できる情報を発信し続けられればと思います。

 

3.誰でも努力と根性で実践できる、超シンプルな方法論のみを厳選して実行する

世の中にはお金の知識に関する書籍やサービス、ブログやツイッターやYouTubeなど、ありとあらゆる情報が錯綜しています。

そんな中、どんな情報を信じればいいのかわからない、具体的に1ステップずつ簡単に理解できる方法、マニュアルはないのかと考えている方もいるかも知れません。

何を隠そう、私自身がそういう人間でした。

 

とにかくシンプルが一番いいですよね!
三方ヨシオ

 

来る日も来る日も仕事やプライベートに忙しく、経済的独立とか投資とかお金の話なんて面倒くさいと考えていた人間です。

とはいえ、それでもなるべくならできるかぎり若いうちに(できれば60歳手前で)完全にリタイアしたいと考えるようになったのが40歳の頃、今から3年ほど前です。

 

それまでは様々な仕事に取り組み、失敗もあり、騙されたり、借金を抱えたりしながら必死で仕事をしてきました。

今ではある程度安定してビジネスも回っていますので数年前に比べれば余裕のある生活となっていますが、それでも毎日仕事が忙しい、小さな子どもたちの相手をするのも時間がかかる。

そういう状況で、さらにお金の知識を増やして難しいお金のことを学ぶ時間もないわけです。

そこで右往左往しながらリタイアに向けての情報を集め、たどり着いた方法こそ、シンプルに仕事(事業)で大きな収入を得ながら、それをそのまま米国株式(投資信託やETF)にすべて突っ込み、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を取りにいくという、伝統的かつシンプルな手法です。

 

こういった資産運用の方法はすでにFIREを体現されている諸先輩方のブログやツイッター、YouTubeなどからも無料で学ぶことができます。

このブログでも、私自身が実際に行っている方法論、極めてシンプルな「事業収入→配当収入」という流れをいかに作っていくのか、といったところを極限までシンプルに解説していきたいと思います。

 

本当に価値あることは突き詰めていくとシンプルです

このブログは2021年4月2日からスタートさせ、毎日およそ3000文字~4000文字程度の記事を投稿する予定です。

「継続は力なり」を信じて行動し続けます。

 

サラリーマンという守られた立場から独立して今年で20年を数えますが、今振り返ってみると結果を出した活動はすべて「シンプルに、地道に行動し続けたもののみであった。」というのが私の人生訓です。

ですから、FIREを目指そうと決めたときも考え方は同じで、愚直に自分が信じたやり方で、繰り返し繰り返し地味で地道な活動を継続した先にFIRE達成というゴールが待っていると信じています。

その地味で地道な活動の繰り返しこそ、

事業所得を配当所得に転換し続けていく

という方法です。

 

具体的な手順や考え方などについては今後ゆっくりとお話ししていきますので、以後お付き合いいただければ幸いです。

ではまた。

-未分類

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5