" />

運用利回りの拡大

最初の1000万円を早期に達成するとFIREはより現実的なものになる

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『最初の1000万円を早期に達成するとFIREはより現実的なものになる』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

いかに早く1000万円に到達できるかが鍵

人の金銭感覚は一度身につけば早々にその価値観を大きく変えていくことはできません。

たとえば年間1000万円を稼ぐことを覚えた人は、その後何らかの大きな失敗があって金銭的にダメージを受けたとしても、遅かれ早かれまた同じように年間1000万円稼ぐような環境に身を置くことになります。

その人にとっては、その現実が当たり前で気持ちの良いものであり、またその姿が自然だからです。

 

以前にホメオスタシス(恒常性維持機能)について触れたことがありました。

まさに人間の根源的な機能によって、私たちの金銭感覚、お金を稼ぐという行為ですら、それを維持しようと勝手に脳みそがサポートしてくれるというわけです。

アメリカで数億円の宝くじに当たった人の生活が破綻してしまうというのも、この1点で説明することができます。
三方ヨシオ

 

ではなぜFIRE到達に向けて最初の1000万円が大きな鍵になってくるのか?

私の体験を踏まえて今日はFIRE達成を確実なものにするための知識をシェアさせていただきます。

 

資産が1000万円以上あるという状態が普通であるという認識

できるだけ迅速に証券口座に1000万円蓄えて、それを投資信託や株式ETF等に変えていくことができるか。

まず最初の1000万円が大きな大きな鍵になると私が考えている理由は、主に2つあります。

 

1つは、先ほどもお伝えした「ホメオスタシス」が無意識的に資産増加をサポートしてくれるから。

そしてもうひとつは、現実的にお金が自動的に増えていく『資産を増やすことで得られる報酬(配当所得)』をいち早く実感できるから。

人は楽しい・好き・幸せと感じられるものは意欲的に継続しようという思考になりますから、自分がやっていることが正しいんだと、楽しいんだということをいち早く実感することで、それが習慣となり、当たり前となり、無意識的に資産増加を楽しむ生き方になっていきます。

 

支出を減らし収入を拡大していくという努力があって徐々に毎月証券口座に移していくお金が増えていくようになると思いますが、毎月10万円を資産運用に回そう、20万にしよう、30万に増やそうと一定期間その形を維持すると、逆にそれを突然ゼロにするということは人間にはできません。

なぜなら、これまでにその生活が当たり前になっている、自分にとって普通になっていることを、あえてやめる理由がないからです。

ましてや時間の経過とともに資産が大きくなっていくのを見るのは楽しいものですから、仮にそれまでに貯めた100万円がゼロに近づいていくのは耐え難い状況になります。

資産が増えれば続けたいし、資産が減っても維持したいから続ける。つまりそういうことです。

 

最もシンプルにわかりやすい報酬は定期的に訪れる配当分配

私が特にFIRE達成の途中経過として重要と考えているのが、株式配当をしっかりと確認して、不労所得が安定継続的に入ってきている事実を実感することです。

資産を拡大させていくことで得られる報酬が目の前にわかりやすく提示されるだけで頑張れますし、今後の道のりも精神的に非常に楽になるはずです。

 

その考え方でいくと、やはり私は個人的に『配当所得』が目に見える形で記録に残る形で資産を持つのは大切なことだと思います。

100%すべての資産を投資信託として再投資で設定してしまうと、税制面では利益確定を先延ばしにすることで有利な環境にはなりますが、手元に利益が入ってきている実感が得られないので何も感じることができません。

評価額は上昇しますし、資産は全体として増えているとは思いますが、一時的にはそれが減ることもあれば、大暴落に見舞われることもあるでしょう。

 

たとえ市場が低迷していたとしても、米国の優秀な高配当銘柄の多くは毎年毎回配当を続けますし、連続増配をしている企業も珍しくはありません。

そしてそのような優良企業株を取りまとめるETF、VYMやHDVといった銘柄からは、やはり定期的に配当が入ってくるのです。

配当こそが私にとっての精神安定剤であり、より早く、より多く、資産を増やしていきたいという欲求を増幅させる装置です。

 

特に配当所得を生み出す資産が1000万円を超えたあたりから毎月数万円もらえるようになりますし、それが完全に不労所得なわけですから、続けようと思わない人なんていないでしょう。

税制面で見れば確かに利益を確定することで多少なり税金で持っていかれてしまいますが、それはそれとして仕方がないことなので、諦めます。

高配当ETFからも配当が出るし、また、分散の意味でポートフォリオに組み込んでいる債券系のETF、BND、AGG、LQDといったところからも多少なり配当は出ますので、それらが積み上がることで得られる配当も拡大していくことでしょう。

とにかく毎月積み立てて資産を増やす=配当が増えるという図式を理解して、利益が目の前に見えたらあとはそれをもっと早くもっと大きくしようというモチベーションが維持されて、結果、1000万円程度まで資産を拡大させることができた人は、その後自動的に2000、3000、5000と資産を伸ばしていくことになるのです。

 

できるだけ早く1000万円というひとつの大きな中期目標を達成する。

そしてそこで得られる配当所得などを見て実感し、より多くの配当をもらうためにさらに頑張ろうという気持ちになる。

これこそがファースト1000効果です。

まだ資産がそこまでまとまっていないという方は、ぜひコツコツと今の積み立てを継続して1000万円を目指してください。

そこからは、それまで以上に早く2000、3000と伸びていくと思いますよ。

それではまた。

-運用利回りの拡大

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5