" />

FIREマインド

死ぬ瞬間の5つの後悔から学ぶ人生の歩み方

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『死ぬ瞬間の5つの後悔から学ぶ人生の歩み方』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

人が死ぬ前に後悔することはだいたい同じ

FIREを達成して自由な人生を謳歌したい、という気持ちを強く持って経済的自由を手に入れるために日々活動しているブログ読者のあなたには必要のないことかも知れませんが、私自身、日々意識していることがあります。

それが、自分が死ぬ直前には絶対に後悔したくない、満足だったと思える人生を生きたい、というものです。

 

アメリカでは人生でやりたいことをリストアップする「バケツリスト」という考え方がありますが、私も日々それらのリストを更新しては消していくということを繰り返しています。

たとえば私のリストの中で達成したこととしては、結婚して子どもを育てることだったり、夫婦で世界一周することなどが挙げられます。

最高の人生だったと心から満足できる人生にするために、先人の知恵から学び、意識的に動いていきたいものです。

 

5つの後悔を知り、先回りで潰していく

『死ぬ瞬間の5つの後悔』という書籍が一昔前に話題になりました。

私は電子書籍として持っているのでいつでも読み返すことができるのですが、そこで学んだことをふと最近思い出したので、今日のブログ記事にさせていただいたわけです。

死ぬ瞬間の5つの後悔

死ぬ瞬間の5つの後悔

ブロニー ウェア
1,728円(07/31 10:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

ネタバレになって恐縮ですが、本書で語られる5つの後悔は、次の5つになります。

・自分に正直な人生を生きればよかった
・働きすぎなければよかった
・思い切って自分の気持ちを伝えればよかった
・友人と連絡を取り続ければよかった
・幸せをあきらめなければよかった

 

英語の本の翻訳本にありがちな、ちょっと日本人には馴染めない翻訳のされ方もあったりしますが、私は特に最初の2つの後悔に対して自分はそのような後悔がないように生きたいなと思いました。

つまり、自分の人生の大切な時間を「労働」にのみ費やさないこと、そして、本当に自分がやりたいことをして自分が望むままに生きること、です。

 

大切な時間という資産を労働にだけ捧げない

私が大切にしている価値観は、お金・時間・健康、そして家族と体験です。

優先順位はつけられませんが、これらを見てわかるとおり「仕事」への優先順位は低く、お金と仕事を同一視するとちょっと変わりますが、たとえばFIREを達成して毎年不労所得的な形で生活費が入ってくるのならば、働く必要はないよねと、そういうことですね。

もちろん自分の好きなことをやりながら社会とつながり、その結果報酬をいただくということであればそれはお金のための労働という側面だけではなく、体験だったり心の健康につながることですから、時間を費やす価値があると思います。

朝から晩まで生活費のためだけにやりたくもない仕事を繰り返す人生は、誰も送りたくないでしょう。

私もそうです。

だからこそ、お金に対して知識を深め、賢くなり、より短い時間でより効率的にお金を稼ぐにはどうしたら良いのかということを常に考えて、できるだけ早くFIREを達成したいと思います。

そしてまたその経験を次の世代の方々に伝えることで、私と同じような価値観をもって人生を歩まれる方の指針となれれば、これほど嬉しいことはありません。

健康や家族、自身の体験にも時間とお金を使っていきますが、それと同時に、自己承認欲求や社会とのつながりという心の満足感を得るために、今後もブログ更新は続けていきたいと思います。

 

自分がやりたいことを自分が望むままに生きる

仮に手元に10億円あって今後一切仕事をしなくても贅沢な暮らしをしていくことができる状態なら、今の仕事を続けるでしょうか?

多くの人が、仕事をやめて別の何かをする、と即答するでしょう。

ただ私の場合ちょっとおもしろいのが、これを考えたときに意外と今の仕事をそのまま続けるかもなあと思っているんですね。

そういう意味では自分の好きな人生を生きているのかなとも感じますし、私は現在やっている「せどり物販」という仕事を一種の「お金儲けゲーム」だと思っているので、それをいかに攻略するか、いかに良い結果を得えらるかを楽しみながらやっているのかもしれません。

ドラクエ4でいうトルネコ、と言えばわかるでしょうか。

あの世界観をそのまま現実に持ってきた感じと言えば、ドラクエ世代の方々には共感いただけるかも知れません。

 

他にも、私は趣味としてアウトドアが大好きですし、また体を動かすことも大好きです。

夏は海や湖に子どもたちと遊びに行きます。

冬は冬で、スノーボードやスキーに行きます。

温泉旅行なども好きですし、南の島のリゾートに行くのも大好きです。

あまり物欲はありませんから、子どもたちとともに過ごす「体験」に多くのお金と時間を使うような人生です。

 

また、通勤電車に乗ったり、嫌いな上司にペコペコしたり、好きでもない同僚との飲み会なども一切ない環境で生活していますから、一般的にサラリーマン生活にありがちなストレスからは完全に開放されています。

こうして考えてみると、今の私はおおむね自分の好きなように生きられているのかなと。

そしてそれをより充実させていきたいから、FIREを目指す、ということですね。

 

ぜひあなたも後悔のない人生を歩んでみてください。

完全に後悔がない状態というのは難しいかも知れませんが、あれをやっておけばよかった、○○しなければよかった、ということがないように。

そのために、今、何ができるのかを常に問い続けたいですね。

それではまた。

-FIREマインド

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5