" />

支出の最小化

資産1億円でFIREを達成するためには、支出を抑えて収入の何%を毎月投資に回すべきか?

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『資産1億円でFIREを達成するためには、支出を抑えて収入の何%を毎月投資に回すべきか?』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

収入の10%を貯蓄→投資にまわしてもFIRE達成は難しい問題

さて、今日のテーマをお話ししようと考えた背景には、名著『バビロンの大富豪』にこのような教えがあるからです。

バビロンの大富豪

バビロンの大富豪

ジョージ・S・クレイソン, 大島豊 訳
3,000円(09/16 18:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

ポイント

収入の10分の1を蓄えなさい

つまり、手取り収入を30万円とした場合、毎月3万円は貯蓄に回し、その後投資・資産運用に使いなさいという教えです。

このような考え方は、すでにお金という分野について学ばれているブログ読者のあなたであれば当然ご存知のことでしょうから、何を今さらとお思いかもしれません。

ちなみにこの考え方は様々なお金系の本で解説されていますが、もしまだまだお金に対しての知識が少ないといった方には『犬が教えるお金持ちの知恵』という書籍がオススメです。

今は「マネーという名の犬」というタイトルで改訂版が出てますね。
三方ヨシオ
マネーという名の犬――12歳からの「お金」入門

マネーという名の犬――12歳からの「お金」入門

ボード・シェーファー
1,283円(09/16 20:15時点)
発売日: 2017/10/27
Amazonの情報を掲載しています

 

ではここから、今のあなたの手取り収入を考えて、毎月10%を貯蓄に回したときに、10年先、20年先にどの程度の金融資産が作られるか、シミュレーションしてみましょう。

 

毎月5万円貯められたところでFIREはできません

FIREを目指したい、経済的に自立して自由な人生を生きたいと考える人は多いですが、サラリーマン収入のみで10%の貯蓄を実施しながらFIREするというのは、正直到底不可能と言わざるを得ません。

たとえば年収600万円程度の手取りは概ね480万円くらいになりますから、ザックリ10%とすれば毎月5万円弱程度は貯められる計算です。

ここではわかりやすく「毎月5万円を積立投資する」と考えるとして、果たして毎月5万円の積立投資は何年で5000万円に到達するでしょうか?

ここではサイドFIREを前提として目標資産を5000万円とします。
三方ヨシオ

 

正解は、32年と11ヶ月です。

 

期間中の運用から得られるリターンを平均5%として考え、一度も取崩すことなく追加投資を続けたとしてもこの結果です。

正直愕然とする数字ではないでしょうか?

今のあなたの年齢を30歳としても、毎月5万円の積立で5000万円のサイドFIREを達成するには30年かかる、要するにあなたの引退・退職期にようやくサイドFIREに至るということです。

これではFIREを目指す意味もありませんし、そもそもFIREとは呼べません。

 

10%では無理だから毎月20万円を目指しなさい

では、どうやってこの現実を覆し、早期リタイアを実現させるのか?

答えはひとつしかありません。

貯蓄(投資)に回す資金を10%ではなく、20%30%40%と大きくしていくのです。

手取り480万円の人であれば、毎月20万円、およそ手取りの半分を投資に回しながら生活していくイメージです。

 

生活そのものに使えるお金は当然減ります。

480万円で生活するのではなく、ほぼ半分の240万円での生活になるわけですから、妻(夫)や子どもがいる場合にはほぼ不可能な数字かもしれません。

ですが、まだ20代の独身であれば、それも不可能ではないでしょう。

毎月20万円を積立投資に回すことができるなら、今度はどういう計算になるでしょうか?

なんと、14年4ヶ月で到達です。

 

現時点で30歳くらいの人なら、サイドFIRE達成は45歳前後。

市況にもよりますが、40代に引退できるレベルなら十分にFIREと呼べると思います。

とはいえ、30歳で結婚して40代を過ごす場合、手取り収入も当然増えていくとは思いますが、サラリーマン収入だけで毎月20万円を継続的に投資に回し続けるという生活ができる人は多くはないかもしれません。

そこで考えていただきたいのが、夫婦共働きという2つの車輪(2馬力)で全力で稼ぐパターンと、副業によって毎月20万円を生み出すパターンです。

 

毎月20万円をどのように作っていくか?

ここでは一応毎月20万円と言っていますが、仮に毎月30万円積み立てることができるなら、FIRE到達までの時間はさらに早まります。

その数字、何と10年です。

たった10年で5000万円の資産を構築、サイドFIREを達成させることができてしまいます。

これは非常に魅力的ですよね。

 

結局のところ、どれだけインデックス投資などで安定的に運用できたとしても、毎月積み立てていく原資、稼ぐチカラによって得られる収入がなければ、そもそもFIREなんて夢のまた夢であるということが言えそうです。

逆説的には、毎月20万~30万と稼ぐチカラが身についている人であれば、意外とサイドFIREや完全FIREへの道は見えていて、しかもそれは10年~15年といった短い期間でも達成することが可能であるというお話しです。

現に2010年あたりからこれを体現した人が書籍を出版されていますが、著者の井上はじめ氏は就職したときからこの考え方に気づき、できる限りの金額を毎月積立し続け、33歳の若さにして資産1億円を達成させました。

33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由

33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由

井上はじめ
1,386円(09/17 06:00時点)
発売日: 2020/03/25
Amazonの情報を掲載しています

この本は資産構築だけではなく、人生に対する考え方もとても参考になる本でしたので、ご一読をオススメします。

本を読む時間がないという方は、以下のマンガ要約チャンネルもオススメですよ。
三方ヨシオ

 

さて、少々今回も話が長くなりましたので、具体的に毎月20万~30万と投資に回す資金を準備する方法については、明日に続けたいと思います。

基本的な考え方としては、夫婦で合計1000万円近い収入を得続けるか、または子育て中でどうしても夫のみの収入で生活していくならば、副業で補っていくか。

この2択しかありません。

明日詳しくこのあたりについて深堀りしていきたいと思います。

それではまた。

-支出の最小化

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5