" />

支出の最小化

電子決済アプリやポイント決済を使いこなして支出を下げる工夫をしよう

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『電子決済アプリやポイント決済を使いこなして支出を下げる工夫をしよう』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

電子決済導入期のお得なキャンペーンを使いこなす

お金が大好きな、お金に敏感なこのブログ読者のあなたなら、電子決済アプリ(ペイ系アプリ)はすでに使いこなしているかも知れません。

私自身、ポイントせどりというビジネスをしていることから、現時点で世の中に出回る決済手段の多くを利用して、日頃から「お得の恩恵」を受け取っています。

今日はそんな電子決済アプリ、俗にペイ系アプリなどに注目してお得に買物をする、日常生活で常にポイント還元を意識して行動することでより多くの支出を下げ、運用に回していくという現代ならではの考え方について整理してみたいと思います。

 

お得がたくさんペイ系アプリ

電子決済アプリと聞いて、どのようなものを思いつくでしょうか?

以前にもポイントせどりの優位性について記事にした際に、○○ペイの現在のシェアについてお伝えしました。

2021年以降は楽天とペイペイライン連合の経済圏で生活するとお得になる

おはようございます、三方ヨシオです。 本日は『2021年以降は楽天とペイペイライン連合の経済圏で生活するとお得になる』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。   支出を ...

続きを見る

現時点では、ペイペイが最も大きなシェアを持っていて、その後に続くのがドコモのD払い(Dポイント)、楽天ペイ(楽天ポイント)、auPAY(ポンタポイント)、さらにLINEペイ(LINEポイント)などと続いていきます。

すべてのペイ系アプリを使いこなす必要はなく、大きくはこの5つのペイ系アプリをスマホにインストールして、それぞれを使うことができる環境にあればとりあえずはOKですね。

シェアのあまり大きくないメルカリペイやクオカードペイ、銀行が連携して進めているJコインペイなども頑張ってはいますが、無視しても問題ないレベルと考えます。
三方ヨシオ

 

各ペイ系アプリのイベントをチェックしてお得を受け取る

すべてのキャンペーン、すべてのお得を受け取ることは難しいですが、特に大きなイベント、特に大きな還元が期待できる内容についてはツイッター等でも話題に上がることが多いので、目にする機会も増えるはず。

また、私のようにペイ系アプリを活用してお得に商品を仕入れ、それをそのまま売ってお金を稼ぐという人たちもいます。

そのような活動をしている人たちは常に高いアンテナを立てて情報収集していますから、そういう人たちの発信をウォッチすることで、自ずとお得な情報に出会う確率は高まります。

 

過去の事例でいうと、2019年にはペイペイ100億円還元キャンペーンが2回もありましたし、またそれに対抗するようにauPAYでは2020年2月3月あたりで総額100億円の還元キャンペーンが行われました。

1アカウントあたり最大で20%~30%の還元が行われ、たとえば2万円の買い物をして6000円分のペイペイやauPAY残高をキャッシュバックするという太っ腹なイベントだったわけです。

このようなイベントを利用して、任天堂スイッチライト(定価2万円程度)を家電店で購入し、それをそのままフリマアプリで売るだけで数千円稼ぐといった人たちが続出しました。

それを何10台と繰り返して大きく稼いだ人たちも世の中には多かったのです。

 

また、全国一律ということではありませんが、2021年5月現在でも定期的にペイペイ決済で20%還元されるイベントが行われていますし、たとえばちょうど5月現時点では東京都稲城市においては対象店舗でauPAYを利用することで、最大30%(1回の決済あたり3000円上限)の還元を獲得することができます。

対象店舗には家電店、アパレル専門店、外食レストランなどが含まれており、そのすべての店舗での1万円の買い物に対して30%が戻ってくるのです。

とんでもないレベルのお得を受け取ることができるというわけですね。

しかもこのお得を受け取るためには何か特殊な能力が必要というわけではなく、ただ純粋に「ペイ系アプリ」の使い方を知っていて、アプリを使いこなすことができる人であればいいのです。

こういったペイ系アプリのイベントは現在多くの自治体と共同で実施されていて、ご自身の住んでいる地域はもちろん、近隣の市区町村で実施されている可能性もあります。

コロナの影響で外出が少なくなっている今、店舗型のビジネスを応援するということで各種のお得イベントが開催される傾向が強いので、ぜひともこういったお得イベントを見逃さないように注意深くお店のポップ(広告)をチェックしていきましょう。

 

オンラインでイベントを確認する

上記のようなお得イベントは随時定期的に開催されているわけですが、それらをチェックする方法として最も簡単なのは、スマホ端末のアプリまたはパソコンでネット検索していくことです。

たとえば今日時点でペイペイアプリを開いてみると、セブンアプリとのタイアップ企画で様々な商品の半額クーポンが使えることがわかります。

 

また、日本全国のいずれかの地域で20%~30%還元のイベントが開催されていることもチェックできますね。

 

千葉県の八千代市で30%、四街道で20%など、お得な買い物ができる場所が多いですね。
三方ヨシオ

 

ペイペイだけではなくauPAYにも同様のページは用意されていて、すべてアプリからチェックしていくことが可能です。

先程取り上げた稲城市の30%もあれば、岐阜県岐阜市の対象店舗で利用すると20%還元といった企画もチェックすることができました。

特にペイペイは利用するユーザーと店舗を今後も継続的に拡大させていくために資金をジャブジャブに投下し続けると思われますので、より多くのお得が確認できるはずです。

地元地域で何か開催されていないか、今後開催される予定はないか、意識的にチェックしてみることをオススメします。

 

 

ということで今回は電子決済アプリを使いこなすことでより多くのお得を手に入れるという点についてお伝えしました。

今回取り上げたような企画、お得イベントを知っているかいないかというだけで、大きく支出を下げていくことができると思います。

また1万円に対していくらといった、割に大きな還元が期待できるイベントについては、今後買おうと思っているもの、金額の大きな家電や数年に1度買い換えるようなもの、または今後も継続的に消耗交換するようなモノを事前に買いだめしておくというのもいいかも知れません。

30%還元と言えばウエルシアグループでTポイント決済も有名ですが、これらペイ系アプリの決済も現代人の私たちは特に意識して使っていく必要がありそうですね。

それではまた。

-支出の最小化

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5