" />

収入の最大化

サイドFIREに必須の知識|ダイレクト課金モデルの商品開発と販売戦略

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『サイドFIREに必須の知識|ダイレクト課金モデルの商品開発と販売戦略』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

サイドFIREの成功の鍵は「好きなことを自分の商品として販売していくこと」

サイドFIREに対して、資産から生まれる所得(配当など)だけで生活することをフルFIREや完全FIREと呼ぶことにしていますが、そういった状態を達成するためには資産としておよそ2億~3億は必要となります。

たとえば4%ルールを適用するとして2億あれば年間800万円になりますので、毎月50万円は使えますし、余剰の資金も別途蓄積していくことも可能です。

 

現実的に2億円を積み上げていくには相当なハードルがありますし、実際にはサイドFIREを目指す人が多くなりそうですよね。

サイドFIREとは配当所得などで生活費の一部をまかない、残りの必要資金は軽い労働によって補っていきましょうという考え方ですから、そこで鍵となるのがどんなことをして生活費の一部を稼ぐのかという点ですよね。

理想的な生活をするためにFIREを目指し、結果としてサイドFIREまでたどり着くことができたのに、生活費の一部は自分の嫌いな仕事を続けて稼ぐというのでは本末転倒です。

毎月10万円~20万円は何か自分の好きなことをして稼ぎたい、週休5日実働2日くらいでそれが達成できたらいいなと、誰もがそんなふうに考えるでしょう。

 

そこでオススメしたいビジネスモデルが、自分の好きなことを通して自分だけのオリジナル商品を開発し、それを販売していくことで収入を得るというものになります。

実際にそういった形でサイドFIREという生活を送っている方々は多いですし、少なくとも2億3億蓄積していくことよりは容易なはずです。

 

ということで今回は、サイドFIREという生活をより豊かに過ごしていくための方法論として、自分だけの商品を作ること、そしてどのように販売していくのかといった点について解説を加えてみたいと思います。

 

王道の流れは先行している成功者が教えてくれる

新しい未知の知識を無料で学ぶ最善の方法は、自分が理想とするやり方・方法を、現時点ですでに成功させている先行者を見て、真似ることです。

ポイント

良い意味で、成功パターンをパクらせていただく。

そんな姿勢が大切になってきます。

 

そして、自分のオリジナル商品を開発し販売していくという流れにおいては、現時点で多数の成功パターンが世の中に転がっていますので、それらをひとつひとつ確認して自分にも適用できる方法を見つけるのが最短ルートになります。

ここでは私が現時点でベストと思われる商品開発の方法と、その販売戦略について1つの参考事例を提案しますので、今後のサイドFIREライフの参考にしてみてください。

 

商品作りと販売の最適解とは?

まず、商品開発と販売戦略は表裏一体であり、この2つを常に同時に考えていくことが大切です。

たとえば、自分の好きなことが「釣り」だとして、毎日釣りに行っても全然飽きない、むしろ釣り三昧の生活をしたいと考えているとします。

そんな人が作るべきは釣りに関する商品であって、料理のレシピなどではありませんよね。

また、その商品を販売する方法論として、釣りに関連する情報を発信する媒体を運営するというのは機能しますが、まったく関連のない分野の情報、たとえばコンビニスイーツに関するブログを作ってそこで釣りのノウハウを買ってくださいと宣伝しても誰も見向きもしないということは当たり前だと思われるはずです。

 

ですから王道の商品開発・販売パターンは、

必勝パターン

自分が好きな分野で他にはないノウハウを生み出し、それを商品化したうえで、その分野に関する情報発信を継続する

という流れになります。

 

またそれと同時に大切なことは、自分という個を全面に押し出し、自然体のままの自分を出していくこと。

キャラクターなどは作らずに、自然のままに自分を表現していきましょう。

そうじゃないと継続しませんし、他者と差別化もできません。

あなたの商品を買ってくれる人はあなたのファンであり、あなたのライフスタイルに賛同してくれる人たちです。

まずはそんな心構えで商品開発・販売戦略を考えてみてはいかがでしょうか。

 

ブログやYouTubeなどでの情報発信とコンテンツ販売

自分で何か物品を開発して販売していくとなると相当ハードルが高いので、まず手軽にスタートするならば無形の情報などを販売していく方法になるでしょうか。

わかりやすいところで言うと、何らかのオリジナルノウハウをまとめた電子書籍(PDF)を販売するとか、そのノウハウをもとに指導するといったコンサルティングサービスなどになります。

オンラインサロンという組織や空間の権利をサブスクで課金するというビジネスモデルもありますが、ハードルが高いので最初はやめたほうがいいかも知れません。
三方ヨシオ

 

そして、それらの商品を販売していくチャネルは常に無料の情報発信媒体です。

具体的にはブログまたはYouTubeですね。

最近はVoicyやスポティファイといったラジオ形式の音声メディアも、自分という個を発信する場所として人気のようですが、とりあえず2021年5月時点ではブログとYouTubeは必須の媒体になるかと思います。

 

自分だけのオリジナル商品を作り、それと関連する無料の有益情報を発信し続けること。

これが王道の流れになります。

 

たとえば釣りに関する商品を作ったのであれば、釣りに関連するブログやYouTubeを運営し、毎日コツコツ更新すること。

動画の編集などはハードルが高いかも知れませんが、頭につけたGoProで撮影した動画をノーカットで撮って出ししているようなチャンネルもあります。

キャンプが好きという人は自分がキャンプをしている姿を撮影して、テント設営やキャンプ飯、キャンプ場の紹介、焚き火風景などをすべて公開していくといったやり方もあります。

これらは私が実際に過去に見てきたもので、今思いついたようなことではなく、誰もがそのやり方を見て、真似ることができるものです。

ぜひたくさんの動画を見て、再生回数が多く人気のチャンネルを研究していきましょう。

 

おっぱいを絡めれば成功する?

あなたが女性でグラマラスな方なのであれば、「おっぱい+○○」という分野もかなり有望かも知れません。

・おっぱい+ピアノ
・おっぱい+料理
・おっぱい+キャンプ
・おっぱい+プラモデル
・おっぱい+ゲーム実況

など、様々な分野のYouTubeチャンネルが恐ろしく登録者数と再生回数を伸ばしています。

冗談抜きでこのような成功しているパターンを解析し、自分に落とし込んでいくことができれば、おのずと成功することになるでしょう。

 

ダイレクト課金モデルで広告収入も稼ぐ

広告収入に依存するビジネスパターンはあまりうまくいかないのではないかという話を昨日しましたが、ダイレクト課金モデルの中に広告収入を織り込んでいくという形であれば持続可能な収益モデルとして機能すると思います。

たとえば釣りの例で言えば、釣りに関するノウハウを商品化して販売するという部分があって、その商品を販売するためにブログやYouTubeで情報発信を続けていき、その情報発信の過程に自分が使っている商品の購入リンク(アフィリエイト)を混ぜるとか、YouTubeを収益化していくというイメージです。

これならば、大前提として自分の商品を売る、自分をブランディングするというのが最優先にあって、その過程で「おまけとしての広告収入」が期待できます。

広告収入に依存するとどうしても動画が回る(再生回数を稼げる)テーマで発信しがちになりますが、そもそも数千円、数万円の自社商品を売るためということなら、むしろ広告のことは気にせずに自分の好きなことを発信し続けられるし、その過程で固定ファンが増えていき、最終的にあなたの商品を買ってくれるようになるはずです。

 

ただし、本日お伝えしたような方法は時間もかかりますし、実際に収入が生まれるまでの労力も相当高いハードルになってきます。

だからこそ、サイドFIREを目指している段階からスタートして、数年間かけて育てていくのです。

サイドFIREを達成した後を見据えた行動を、今すぐに始める。

これこそが、資産をある程度作った後にストレスのない幸せな人生を過ごす秘訣ではないかなと思います。

それではまた。

-収入の最大化

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5