" />

FIRE学習

FIRE経済的自立という未知の世界に足を踏み入れるときに実践すべき具体的な学習方法について

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『FIRE経済的自立という未知の世界に足を踏み入れるときに実践すべき具体的な学習方法について』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

大量のインプットを意識する

あくまでもこれは私の学習方法になりますが、参考になることも多いと思うのでじっくりと確認してみてください。

まず私が何か新しいもの、事柄に取り組むときには、とにかく最初に徹底的にそのテーマに沿ったブログ、YouTube、ツイッターなど、あらゆる角度からの情報収集を最優先とします。

しかも、それらは多くの場合で無償提供されているので、費用負担はゼロです。

私のこのブログも後々には「FIREを目指す人が最初に読むべきブログ」のひとつになるように設計、運営していきたいと考えています。

書籍もオススメですが、お金がかかるのが難点ですよね。本を買うのはちょっと・・・という人は、YouTubeの本要約チャンネルなどを徹底的に繰り返し見ると良いと思いますよ。
三方ヨシオ

 

具体的なインプットの手順について

では、具体的にどういった手順で大量のインプットをしていけばいいのか?

まず意識したいのは、お金をかけずに徹底的に情報を集めるということでしょうか。

世間に流れている無料の情報には、もちろん有象無象のどこの誰が書いたものかもわからない確度の低い情報も含まれてしまいますので、信頼に足る人物の情報から見ていくというのがオススメです。

2021年4月現時点では、主にブログやYouTubeといった情報媒体が有効で、文章で学びたい人、音声や映像で学びたい人、各個人の嗜好に応じて最適解がネット上に多数転がっています。

別記事でFIREのための学習方法としておすすめの媒体を紹介していますので、そちらも合わせて参考にしてみてください。

参考FIREを達成するための無料学習おすすめ媒体(ブログ編)

おはようございます、三方ヨシオです。 本日は「FIREを達成するための無料学習おすすめ媒体(ブログ編)」というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。   ブログは無料で利用で ...

続きを見る

参考FIREを達成するための無料学習おすすめ媒体(YouTube編)

おはようございます、三方ヨシオです。 本日は「FIREを達成するための無料学習おすすめ媒体(Youtube編)」というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。   FIREを最 ...

続きを見る

 

そして、無料の情報で脳みそを埋め尽くしたら、その後は有料の情報に移行しても良いタイミングです。

たとえば電子書籍でFIRE関連の書籍を買う、などになるでしょうか。

リベ大の両学長が運営するリベシティというコミュニティもオススメですよ。
三方ヨシオ

FIREに関する書籍以外にも、FIREには不可欠な収入を最大化させる方法として副業関連をチェックするのも良いでしょうし、支出を抑制するヒントになる保険関連や節約倹約といったキーワードの情報を見ていくのも良いかもしれません。

また運用利回りを最大化させるという面では、私自身は米国株ETFなどを中心として実際に資産形成を進めていますので、米国株式に関連する情報を集めていくのもオススメですね。

今の時代は無料で十分な量の情報を集めていくことができますから無理にお金を払って書籍等を買う必要はないのかもしれませんが、やはり有料には有料の価値はありますから、1000円~1500円程度の情報料は出し惜しみしないほうがいいかなとは思います。

 

なぜ大量のインプットをするのか?目的と効果について

私がなぜ未知の領域に進む際に、最初に大量のインプットをするのか?

その理由は、日々、同系統/同一ジャンルの情報を大量にインプットし続けることで、いずれ必ず【その世界で成功するための肝】や【把握すべきキーポイント】が見えてくるからです。

同じ方向性の情報を集めれば集めるほど、ひとつ(もしくは複数)の媒体で同じことを言っているなあと感じると思いますが、それがまさに真理のようなものだったりします。

なるほど結局みんないろんなことを言っているけど、ここを押さえておけば良さそうだなというのがなんとなく見えてくる、ということです。

 

お金持ちになる系の書籍を見ていくと、結局は収入を高めて支出を減らし、運用利回りをあげてお金がお金を生む世界に入るしかないというところに行き着くのも、ある意味で真理です。

勘どころとでも言うんでしょうか、毎日毎日繰り返し同じジャンルの情報に関わり続けていくことで、それまでとても広い世界だと感じていた未知の領域に対して、そのジャンルの情報を取り扱う素地が出来上がり、その世界で使われる専門用語なども知ることができます。

 

その世界の言葉を知ることこそが重要

金持ち父さん貧乏父さんの著者ロバート・キヨサキ氏は、同書籍の中でこう言いました。

ポイント

言葉が人を金持ちにする

 

つまり、FIREという世界にあっては、言葉が人をFIREへ導く、というような意味で理解しておくといいかもしれません。

とはいえ、FIREそのものに必要な語彙はそこまで多くなく、むしろFIREを構成する各要素である「収入の最大化」「支出の最小化」「運用利回りの拡大」それぞれで実践的な内容を学ぶにあたって、細かい情報を認知するために多量の言葉が必要となってくると感じています。

税金知識や保険知識、米国株式、各種副業のことなど、あらゆる知識を吸収してはじめて、人はFIREにたどり着く。

そのための学習は常に継続していきたいですね。

 

FIREという世界観をザックリとでも理解ができたならば、さっそく次は具体的なステップに進みましょう。

まずは「支出の最小化」からスタートです。

それではまた。

-FIRE学習

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5