" />

支出の最小化

サブスクや毎月知らずに支払っているものがないかを改めてチェックしよう

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『サブスクや毎月知らずに支払っているものがないかを改めてチェックしよう』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

無意識に払い続けているものがないかをチェックするには?

現代社会は様々な誘惑があり、私たちも知らず知らずのうちに数百円、数千円といった支払いを継続してしまっている可能性があります。

最近は毎月定額で支払いが続く【サブスクリプションサービス(サブスク)】の利用も広く浸透していますし、私自身もネットフリックスやなどの月額定期購読サービスを利用していますので、その利便性は強く実感している人間です。

一方では、毎月数百円だからということでまったく利用していないにも関わらず無意味な支払いを継続している可能性もあり、それはまさに完全に無駄な出費でありますから、1日でも早くやめるべきですよね。

 

では、そういった支払いを正確に見直す方法はあるのでしょうか?

 

答えは、以下。

ポイント

クレジットカードの利用明細を毎月必ずチェックする

毎月自動的に続く支払いはクレジットカードによる支払いになりますので、クレジットカードにどのような請求がかかっているのか、使った記憶がない請求がないかどうか、これを毎月必ずチェックするようにしましょう。

 

毎月支払っていることを忘れて継続しているサービスの事例

私や私の周囲でこういった話になるとき、毎回必ず出てくるサービスがいくつかあります。

今日はそのあたりに言及しつつ、こっそりと隠れて課金されてしまっているというものついても触れてみたいと思います。

 

ネットフリックスなどのエンタメ系サービス

まず最も多いのが、エンターテイメント系のサブスクです。

わかりやすいところでは、ネットフリックス、アマゾンプライム、ドコモやAUといったキャリアが提供している月額課金の映像サービスなどです。

ネットフリックスはそれなりに高額ですから気づかない人はいないと思いますが、アマゾンプライムは毎月数百円ですし、ドコモやAUなどのキャリアサービスは携帯料金と合算して請求されてくるので、まるめて請求されていると何が無駄な支出になっているのかというのが表面上からはわかりづらいという特徴があります。

クレジットカードの利用明細を見たときにでも、ドコモからの請求が7000円となっていれば、これは全部スマホにかかっているから仕方ないか、となって、細かいオプションは気にしない人が多いですよね?

このあたりは本当にうまい商売だなと感じるところですが、私たちはこういった隠れた課金に対してしっかりと対応していかねばなりません。

使っていない無駄なオプションはすべて解除する。

これを徹底していきましょう。

エンタメ系でいうと、WOWOWやケーブルテレビのチャンネルといった契約も今一度チェックしたほうがよさそうですね。
三方ヨシオ

 

スポーツジムなどの店舗型サービス

次に多いのが、スポーツジムをはじめとする様々な月額課金サービスです。

こちらはオンラインでというよりも、リアルの店舗で提供されるものが多いと多いと思いますが、いずれ行こうということでズルズルと契約を続けているパターンですね。

スポーツジムはその典型的なもので、実はこういった毎月支払っているけど利用していないユーザーの潜在的な売上規模は数億円に達するという調査結果もあるほどです。

それだけ人間は自分のお金を適当に扱っていて、課金されていることすら気づかずに支払い続けているのです。

またこういったものはカード払いではなく銀行引き落としというケースもありますので、カードの利用履歴チェックと同時に毎月の口座残高推移もチェックしたほうが良さそうです。

 

定期購入&定期購読サービス

さらに毎月支払いが発生しているものとしては、据え置き型のウォーターサーバーのような定期購入タイプのサービスや、定期購読している新聞・雑誌・メールマガジン、さらには利用頻度の多くないクレジットカードの年会費なども見直したほうが良い対象となります。

便利だからということで定期購入&定期購読しているものの多くは、実は惰性で続けているものも多いはず。

定期的に利用しているかどうかをチェックして、本当にこれが必要なのか、不定期で自分で買うほうがいいのではないか、費用対効果がどの程度になっているかを見ていく必要がありそうです。

クレジットカードの年会費も考え方は同じで、申し込んだ当時はそのカードが必要だからということで申し込む判断をしたのでしょうが、その後そのカードは使っているのか、使っていないカードに年会費を1万円も支払っていたらもったいないですから、解約すべきものはさっさと解約しましょう。

 

クレジットカードについて補足すると、一人に対する信用枠というのは決まっていて、使っている使っていないに関わらず、その個人が保有するカードの総枠で計算されます。

なので、今後もし何かクレジットカードを作りたいと考えた際に、無駄なカードを保有しているとそれが原因で新しいカードが作れない、審査に通らないということもあります。

使っていないカードは極力解約を進めていき、普段メインで使うカードを2~3枚にまとめていくと良いと思います。

ちなみに私がメインで使っているカードは、マリオットホテル系列のポイントが貯まるSPGアメックスです。

SPGアメックスについては別記事でその特徴的なオススメポイントを整理してお伝えしますね。
三方ヨシオ

 

ということで、本日はサブスクや定期購入など、知らないうちに毎月コツコツと無駄な出費になっているものがないかをチェックして解除解約を進めていこうというお話しをさせていただきました。

利用頻度が高いものに対して費用が発生するのは仕方ないですが、月に1度も使っていないものに数百円~数千円支払うのは馬鹿らしいので、速攻で解除解約していきましょう。

チリツモという言葉があるとおり、数百円数千円が積み上がって毎月万単位の無駄な支出が続いていたら、バケツから水が出ていくだけですからね。

このあたりもしっかりと定期的に見直しながら、運用にまわす資金の最大化を目指していきたいものです。

それではまた。

-支出の最小化

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5