" />

支出の最小化

FIRE達成者の多くが質素倹約しているけれど実は大きな支出だけ気にすれば問題ない

おはようございます、三方ヨシオです。

本日は『FIRE達成者の多くが質素倹約しているけれど実は大きな支出だけ気にすれば問題ない』というテーマでお話ししたいと思います、よろしくお願いします。

 

電気代や水道代をケチってもあまり意味がないことを知る

FIRE関連の情報を追い求めたり、書籍を色々と読み進めていくと、とにかくFIREを達成している方々の多くは質素倹約しながら給与(事業)所得を最大化してFIREまでたどり着いていることに気づきます。

そのため、表面的には

やっぱり毎日質素倹約しないといけないのかな。

と考えてしまって、たとえば水道を細かく止めるとか、電気をこまめに消すとか、エアコンをつけるのを我慢したり、ちょっと外出する際にも消すといった小さなことをコツコツと繰り返す人がいます。

ですが、実は水道代や電気代はさほど大きな金額になることはなく、意図的に無駄な使い方をしない限りは、そこまで節約倹約効果は薄いことが知られています。

 

水道代は思った以上に安い

2021年現在、水資源は将来的にとても大切なものになり、水道代が高額になっていくであろうと言われています。

しかしながら、現在時点の現実を見たとき、水道水1リットルあたりにかかる費用はいくらかご存知でしょうか?

1リットルあたり0.2円です。

お家で水道水を1リットル使ったときの水道料金はおよそ0.2円。

お店で売られているミネラルウォーターは、500mlのペットボトル2本でおよそ200円。

参考:仙台水道局

 

たとえばシャワーを1回利用すると、概ね40~60リットル程度消費すると言われています。

60リットル*0.2円で、12円です。

いかがでしょう?

いかに水道水が安いかなんとなくでも理解いただけたかと思います。

 

毎日歯磨きするときにこまめに水道を止める、食器を洗うときに水道を止めるといったところにものすごく意識した生活をしたところで、1ヶ月に削減できる水道代は微々たるものだと言えそうですよね。

これなら、毎日1回コンビニで買っているコーヒーをやめて自宅から水筒を持参するとか、お弁当を作って持っていくといったほうが節約倹約になるし健康にも良さそうです。

 

水道代うんぬんではなく、環境に配慮するという姿勢は大切です。
三方ヨシオ

 

電気代も高くない

特に大きな電気代としてイメージしやすいのが夏のエアコンですが、これはもう快適を優先して気にせずに使っていくほうが良いと思います。

こまめに消すことで逆に電気代が高くなるといった実験結果もあるくらいですし、24時間つけっぱなしにするほうがむしろ良いという意見もあります。

昨今は熱中症対策としても特に気温が高い時期は意識的にエアコンを使うべきという専門家もいますよね。

電化製品は基本的に利用するときにつけるだけですから、最低限の「つけっぱなし」を防止するだけで良さそうです。

 

また最近は電気の自由化が進んでおり、電力会社を変更するだけでも料金が減ったりするようですから、もしご自宅の電気代が高く感じられているようならば、楽天電気など第三の選択肢を検討してみてもいいかもしれません。

こういった新しいサービスの利用を検討する際には、ハピタスなどのポイントサイトや、アフィリエイトサービスのA8などを見て還元が得られるかを確認して申し込むと良いですよ。
三方ヨシオ

ポイントサイトならハピタスが一番貯めやすいです

 

 

最後に電気代や水道代の究極的な節約術をお伝えすると、これは「複数人世帯で生活する」ということになります。

一人暮らしにかかる経費と、2人3人4人世帯では、1人あたりにかかる光熱費は当然小さくなります。

電気も水道も毎月固定でかかる基本料金があり、そこに上乗せされる形で従量制で料金が上がっていく仕組みです。

つまり、固定部分を生活人数で負担することになりますから、複数人世帯のほうがトータルコストは安くなるということですね。

 

総務省が提供している家計調査データによると、1人世帯の1カ月の平均電気料金は5,700円、2人世帯になると9,654円、3人世帯では11,116円となっています。

4人世帯、5人世帯では、それぞれ11,761円、12,945円とのこと。

電気だけではなく、水道代についても同様のデータとなることがわかっています。

一人暮らし世帯約6000円に対して、5人家族世帯は約12000円、1人頭で考えれば「6000:2400」ですから、どれだけ負担割合が違うかを理解いただけると思います。

一人暮らしは様々な意味で贅沢だと言えますが、こういった水道光熱費などから見る限りは、夫婦や家族など多人数でFIREを目指すほうが効率的と言えそうですね。

それではまた。

-支出の最小化

© 2021 HOW TO FIRE Powered by AFFINGER5